痩身するには体脂肪のことを知らなくちゃ

ご飯の量を減らせば痩せられる

基本的に言えばご飯は太る原因にはなりません。
炭水化物の体内での行き先はたくさんあって、脂肪に行くものもあればタンパク質になったりグリコーゲンに行くなど様々です。
特徴として言える事はエネルギー源に非常になりやすくて、熱として放出されてカロリーが体にたまりにくいということです。

 

 

体内で自由に活躍できるものを摂取しないというのは望ましいことではありません。
つまり炭水化物を取らない事はマイナスになるということですね。
お刺身、味噌汁、野菜の佃煮、漬物などの低カロリーの献立を美味しく食べられるのはご飯があってからこそです。
カットするのは炭水化物よりも脂肪分ですね。

 

 

ダイエット参考サイト⇒メンズダイエットエステ

 

 

炭水化物が多く脂肪が少ない食事をとると、1日のエネルギー消費量が大きくなるそうです。
とんかつを食べるよりもご飯をちょっと食べる、そんなダイエットは効果がありません。
タンパク質をどっさり食べてご飯を少し、こんなダイエットも効果がありません。
ご飯の量を減らせば痩せられるといった間違いがあります。

痩せるためにはカロリー計算

体重をコントロールするためにカロリーを計算しながら食事をする必要はありません。
これ以上食べると太ると言う感覚は、本人が1番よく分かっているからです。
体重が増えているのなら食事の量を少し減らせば良いのです。
それで体重の増加が止まるなら、食べる量と消費が合っていることになります。

 

 

ダイエット参考サイト⇒ダイエットエステランキング

 

 

カロリー計算をすることが面倒では無い人はダイエットの参考にしても構いません。
ですがカロリーの数字に縛られて食生活をするのはちょっと考えなければいけません。
楽しんで食事をしたり、美味しいと感じながらご飯を食べる事は、心身の感覚を大切にしないとストレスになってしまいます。
たくさん働いて体力を消耗したときは糖分を通って疲労を回復した方がいいです。
カロリーの数値にとらわれて柔軟性を失ってしまうと、体の自然な要求を無視することになりかねません。

 

 

カロリー計算が当たり前になると、口に入ったカロリーはすべて蓄積すると錯覚して拒食症に落ちしまうこともあります。
今日は何キロ食べたからそれを消費するために何キロ走らなければいけない…
こうなってしまうとダイエットどころではなく体に悪影響を及ぼすことになります。

痩せたい人は夕食を軽く食べる

寝る前の食事は肉や魚等をしっかりとらなければいけません。
筋肉や骨は、夜間の睡眠中に最も造られやすくて、睡眠中に活発になる体内でのタンパク質合成を促進させるためです。
ダイエットをすると夕食を軽くするというフレーズをよく聞きます。
朝は王様のように食べて夜は奴隷のように食べるなんて言われたりもします。
カロリーだけで考えればそうかもしれません。
だから夕食を軽くすれば痩せる事はできるでしょう。

 

 

ダイエット参考サイト⇒痩身エステ 人気

 

 

でも体重が軽くなることと体脂肪が減る事は意味が違います。
肝心なのは何が痩せるかということですね。
軽い夕食は確かに体脂肪減らしますが、筋肉や骨等を同時に減らしてしまうことになりかねません。
誰だって夕食はおいしく食べたいしたくさん食べたいのです。
こんな自然な欲求を満たしながら体脂肪だけを減らすダイエットをしたいものです。

 

 

筋肉を衰えさせるダイエット法は間違いなのです。
基礎代謝で使われるエネルギーの約35%前後は筋肉で消費されます。
つまり間違ったダイエット方法で筋肉を衰えさせてしまうと、エネルギー消費の悪い、太りやすくてリバウンドしやすい体になることになります。
ダイエットする上でこれは1番気を付けないといけないことですね。

体脂肪の役割

体脂肪がつきすぎると体型を崩しますし、成人病の危険因子にもなるので常に目の敵にされています。
でも体脂肪には大切な役割もあるのです。
体で不足したエネルギーを補うのは体脂肪です。
例えば十分な食事量が取れなくなる手術の時などには、体脂肪が一定量蓄えられていて体力がついていることが条件になります。
今のように食料が充実してないときには、この体脂肪のおかげで死ななくて済んだのです。

 

 

ダイエット参考サイト⇒痩身エステ 比較

 

 

それに体脂肪は断熱材としての役割もあります。
つまり体脂肪が体温をコントロールするのに役立っているということです。
それに内臓を一定の位置に支える役割もあります。

 

 

女性の場合なら男性ホルモンを女性ホルモンに変化させる組織でもあり、妊娠や授乳中は体脂肪がつきやすくなります。
プロポーションを美しく保つためにも、適度な量の体脂肪が必要になります。
極端に体脂肪を減らしてしまっては健康にとってマイナスになりますから、ムキになって体脂肪だけを落とすダイエットには気を付けなければいけませんね。

基礎代謝が高ければ太りにくい

基礎代謝は体温生産のための代謝です。
1日24時間のうち、人間は夜8時間の睡眠中に消費するエネルギーの90%を体温維持に当てています。
目覚めている16時間のうち、8時間は机に向かって仕事をしたりテレビを見たりと安静にして過ごして同じく80%近くを体温維持に当てています。
歩いたり体を使って作業したりする残りの8時間の活動に使うエネルギーは少なく、1日の総エネルギー消費量の20%前後でその半分は基礎代謝に使われます。
だから基礎代謝を高めれば普通に生活していても体が自然にエネルギーを消費してくれるのでダイエットが効率的になるということですね。

 

 

筋肉は体温生産に大きく関わっています。
その燃料として血液中を流れる脂肪とブドウ糖をそれぞれの70%を取り込み分解する役目もあります。
年をとると太ったりお腹が出てくるのは筋肉が老化で衰えてくるからです。
筋肉の機能が低下で分解しきれなくなった血液中の脂肪は脂肪組織に蓄積されて体脂肪となります。
だから太りやすくなるのですね。

 

 

ダイエット参考サイト⇒痩身エステ 安い

 

 

このように筋肉は人間の健康と体系を左右する重要なもので、単純に体を動かすためだけの組織では無いのです。
脂肪やブドウ糖を分解するのは走っている時ではなく、睡眠中や安静にしている時も着実に進んでいます。
筋肉を鍛えれば、脂肪やブドウ糖の分解能力が24時間アップしますから、からだが引き締まってくるのは当たり前です。

 

 

筋肉を鍛えると食後のエネルギーの熱への転換が自然に大きくなります。
食事誘発性エネルギー代謝と言うものですね。
食事をすると数時間にわたって対応生産が活発になるというものです。
これは1日の総エネルギー消費量の10%にもなります。

 

 

ダイエット参考サイト⇒ダイエットエステ

 

 

同じものを食べても筋肉を鍛えれば熱として発散される率が高くなるので、太りにくい条件が備わることになります。
筋肉が衰えて基礎代謝が低い人は、食事のカロリーが熱に転換されにくく発散されません。
つまり食事で撮ったエネルギーがそのまま体に蓄積されるので体脂肪の増加につながってしまうのです。

 

 

体脂肪だけを減らすダイエットで無ければやってはいけないのです。

 

 

基礎代謝を支えて血中の脂肪、ブドウ糖の大部分を分解する筋肉、は体内で最もエネルギーを消費する組織です。
筋肉を効率よく伝えられるかどうかがダイエット成功のポイントになります。
どんな人でも年齢とともに体の筋肉は減ってきます。
だから筋肉量の減少にストップをかけれて、体脂肪を減らして筋肉を増やすことを考えなければいけません。
だから運動をしないで食事コントロールだけですと、かえって筋肉の衰えに拍車をかけることになります。

 

 

ダイエット参考サイト⇒痩身エステ 大阪

 

 

食事制限でのダイエットは全身の筋肉を衰えさせて、基礎代謝を低下させることになるので、太りやすい体に変わることになります。
痩せるつもりで始めたダイエット、が実は脂肪を最もたやすいからだづくりになる、健康を阻害するものになるというのでは本末転倒です。